個人投資家に大注目のソフトバンクが株式上場を果たしました

個人投資家に大注目のソフトバンクが株式上場を果たしました。この超巨大IPOの動向次第で個人投資家の相場観を左右する案件だといってもいいすぎではないと思います。
つまり、この株が上がれば個人投資家のマインドはポジティブになりますし、下げてしまえばネガティブになると思うのです。
おそらく、初値は証券会社がソフトバンクから株を引き受けた値段よりは上になると思いますが、初値がついてしまえば後は需給しだいですから大きな上昇は望めないと思います。そのような意味でこの株は初値売りを行うべきだと思います。この株はそういう株だと思ったほうがいいと思います。
公募価格以下で寄り付いてしまうと、大型株の場合セカンダリーで入る人のマインドに大きな影響を与えてしまうので危険なのです。
しかし、個人投資家というのは損切りをすることが嫌いなので、多くの個人投資家は公募価格以下で寄り付いてしまった場合にはその株はもち続けることになると思います。ミュゼ キャンペーン 予約